<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
青春の辞書
こないだ押入れの中から久しぶりに発見したんですよ。



ホットロード 紡木たく

中学の時に先輩から回ってきた漫画で、これを読んで以来手放せないモノになりましたね。
みんな一度は読んだことあるのではないでしょうか。
数々の引越しの中で 捨てられたり無くしたりしていましたが、
その都度どうやってでも手に入れた漫画です。

暴走族の話なんです。
でも 非行を肯定している漫画では決してない。
誰もが何も見えなくなって、時に突っ走ってしまった時
人を傷つけ、自分を傷つけ それでもちゃんと気付ける時がくるという
人間は一人じゃ生きられないんだって事を主人公やその周りの人達が教えてくれるような
そんな綺麗なお話です。

正直言って、この漫画を読んでから暴走族に憧れ不良になっていった子達もたくさんいました。
あたしも密かに暴走族大好きっ子でしたからね(笑)
それはいたし方ない。きっと誰も大人になっていくものですから。

ちゃんと気付いていければいいんです♪

そしたら 久々にどうしても読みたくなった漫画があって。
古本屋でセット399円で発見したので即買い☆



瞬きもせず 紡木たく

これも宝物でした。
でも引越しの時に無くして以来ずっと忘れていたんですよねー。

ホットロードとは違い、静かな田舎の街で恋を覚えた二人の成長と葛藤。
その周りの切ないお話や 心温まるお話が描かれています。

これにもかなり影響を受けました。
確か中学1年くらいだったかしらね。
主人公と同じテニス部に入り、偶然にもサッカー部のキャプテンに恋をしておりました。
主人公かよ子がずっとグラウンドで紺野くんを見つめていたように
あたしも密かにキャプテンを見つめていたものですよ(笑)

紡木たくさんの漫画はほかにもいろいろと素晴らしい作品が何個かありますが、
あたしの大好きな漫画は特にこの二つです。

まさしく 青春の辞書 でした。
教科書より、この漫画をずっと机の下に隠して読んでましたから(笑)

読んでない方はぜひオススメですよ〜。
| 読んだ本 | 12:17 | comments(0) | trackbacks(4) |
デスノート
すっかり天気がいい。
梅雨あけたのかねぇ?
なんだか昨日よりも全然気持ちも晴れています。
頭痛は治まらず薬は手放せないけれども。

でも あの憂鬱気分が消えただけでも最高にハッピーである。

気分がいいうちに、と思って息子と一緒におうちを大掃除。
あたしは自分の部屋を。息子は自分の部屋を。
お部屋が変わると気分も変わるかな、と期待を込めて☆
二人汗だくになって終わらせて、近所のサイ○リヤで夕食。

逆に安くついてラッキ〜だわ♪

そんなあたし達二人は、今とってもハマっている漫画があります。


  

DEATH NOTE / vol1,2


9歳の子に分かるのかよ?とか思うんですが、奴は真剣に見てますね。

いやぁ ホントおもしろい。
これが出た頃に、当時の彼氏の家で1巻は見てたんですよ。
続き見ないとな〜と思ってたところに、なぜか息子が図書券でわっさーと購入してきた。

それからひたすら二人でコレ読んでますからね。

映画は評判めちゃ悪いんでどうしようか悩んでるんですが。
何てたってLがハマりすぎだという噂も聞き入れたので。
L大好きなんですよ(●′д`●)ポッ

早く続き読みたいな〜。
息子買ってきてくれないかな〜♪♪
| 読んだ本 | 22:58 | comments(5) | trackbacks(1) |
アトランティスのこころ


アトランティスのこころ(上)/スティーヴン・キング

母親に愛して欲しいと願う少年ボビーがアパートメンの3階に引っ越してきた老人テッドと心を通わせるうち、良くも悪くもいろんな意味で成長していく。
黄色いコートを着た謎の集団下衆男(ロウ・メン)に追われているテッド。
それは、テッドが持つ不思議な能力のせいだった。


えとえと。
キング作は初心者なので、しょっぱなからやっちまったなーというのが率直な感想だったりもします。
これ、上巻・下巻とあるんですが全てひっくるめた長編だと思ってたんですよ。
でも実は違ってて、この(上)の一冊で長編が締めくくられ、(下)から中編・短編として構成されていたわけです。

中編・短編も、長編に出てきた登場人物の大人になった物語だったりしてどこかでリンクはしてるんですが、あたしは長編の内容の濃さでもう十分でして、大きな声では言えませんが上巻だけでギブしてしまいました。(ノ´∀`*)えへっ

レビュー見てみたら「キング初心者にはオススメできない」と書かれてあったりもして、あたしの心の声を肯定してくれたみたいで少しほっとしました(笑)

長編はSFチックで、「それでどうなるの?どうなったの?」って魅入ってしまいました。
かなりおもしろかったです。
下巻からはおもにベトナム戦争など、どちらかと言うと壮絶なヒューマンドラマな話だと思います。
日ごろシェルダン作しか見ない自分は、やっぱり小説はヒューマン向きじゃないなーって実感しましたよ。
他のホラーチックなキング作を読んでみようと思います。

オススメ度(上巻のみ)★★★☆☆
| 読んだ本 | 00:07 | comments(2) | trackbacks(0) |
リベンジは頭脳で


リベンジは頭脳で/シドニィ・シェルダン

図書館で借りたシェルダンの短編作。
シェルダン作は長編しか読んだことなかったので、何となく物足りない感じ。
でも読み出したら止まらない所は相変わらずの魅力です♪

やや突込みどころはあった今回の作品だったけれども。

動物の名前で呼び合うロサンゼルスのギャング団に愛する妻を殺された一人の男が、体力よりも頭脳で復讐していくお話。

基本、シェルダン作は復讐の話が多いですね。
よくそこまで考えられるねアナタはー!!と思う程に感心しちゃいます。

自宅に今までのシェルダン作がこんもりとあるので、また全部読み返そうと思いますvv
その時はまたご紹介しちゃいます♪

今回のオススメ度★★★☆☆
| 読んだ本 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
ちょい感動です。


きみに読む物語

ずっと前に買ってたんですが、最近やっと読み終わりました。
やっぱり活字は。゚+.(・∀・)゚+.゚イイ!!
想像力が発揮できます。妄想人間なので。(∩・ω・*)照レ

と言ってもコレはね〜、映画で2回DVDで1回見た程ですから。
想像するまでもなく、普通に映画のライアンとレイチェルが出てくるっつーか。
でもやっぱりアリーが自分の病気を知った時にダンナに書いた手紙は泣いた。
でもねーでもねー。
TSUTAYAで立ち読みした時にすでに泣いたから、これまた



感動激減。( ´∀`)アァ-



立ち読みしなきゃ良かった。ちっ。

でもやっぱりラストは良かったです。
最後にDVD見た時は、その頃の心境のせいか「永遠の愛なんて存在しねー」って
思ってたけど(笑)今なら何故か素直に「あるかもね…」なんて思う♪
ちょっとばかし希望を持てるようになりたいっす。


 わたしはありふれた男だ。
 でも、わたしには全身全霊をかたむけて愛する女性がいる。
 いつでも、それだけで十分だった。


はい、感動〜。ホロリときます、ここだけで。

オススメ度★★★★
| 読んだ本 | 23:23 | comments(0) | trackbacks(0) |